【手続き実体験】退職後、無職になったらやることリスト

手続きリスト

こんにちは。コウゲツです。

この記事では、退職して無職になったらやることをまとめてみました。

全て私の実体験に基づいた記事になります。

退職して初めて無職になる方は、何をやればいいか分からず不安になりますよね。

私もそうでした。手続き面倒くさそーーー!難しそーーー!って。

でも、やってみたら意外や意外、そんなに難しくはありませんでした。

これから退職して無職になる予定の方や、既に退職してこれから手続きする方は、

ぜひ私の実体験を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

退職後、無職になったら必要な手続き

相談

退職して無職になる場合は、主に次の3つの手続きが必要です。

・雇用保険(失業給付)
・健康保険
・年金
無職の時期によっては確定申告も必要になります。

手続きに必要なものを用意

持ち物

準備できるものから早め早めに用意しましょう。

雇用保険(失業給付)手続き

雇用保険(失業給付)手続き

離職票が届いたらなるべく早くハローワークへ行きましょう。

受給資格が決定した後は、指定日に職業講習会雇用保険説明会を受けます。

その後は、認定日のたびにハローワークへ行きます。

健康保険手続き

国民健康保険手続き

退職する前から、家族の健康保険の被扶養者になるか、国民健康保険に入るか、任意継続にするか、どれにするかを考えておくといいです。

私は退職してから決めましたが、早めに決めておくと楽です。

私は国民健康保険に決めました。手続きはめちゃくちゃ簡単でした。

年金手続き

国民年金手続き

在職中に厚生年金に加入していた場合は、退職したら厚生年金から国民年金への変更手続きが必要です。手続きはめちゃくちゃ簡単でした。

私はいろいろと考えた結果、過去の学生納付特例の免除を追納し、今回の国民年金は免除手続きをしました。追納も免除もしなければ、上記手続きのみです。

確定申告(無職の時期により必要)

確定申告

会社員であれば年末調整で会社が処理をしてくれるので、大抵の場合は自分で確定申告をする必要がありませんが、年の途中で退職し無職の場合は自分で確定申告をする必要があります。

最後に

退職して無職になったらやることを私の実体験に基づきご紹介しました。

ただし、ハローワークや役所、その人の状況によって異なる部分がありますので、その点はご了承下さい。あくまで私の実体験なので。

面倒くさいからといって、後回しは禁物です。

退職して無職になったら、さっさと手続きを終えて、就職活動に注力したり、無職生活を謳歌しましょう!

では、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする