大人になると時間の経過が早く感じるが、無職になるとさらに加速する6つの理由

時間

こんにちは。コウゲツです。

今回は、大人になると時間の経過が早く感じるが、無職になるとさらに加速する6つの理由をご紹介します。

歳を取るにつれて、時間の経過って早く感じられますよね。

子供の時の1年は長く感じたのに、大人になってからの1年はあっという間に感じます。

さらに、無職になるともっと早く感じるんです。

時間の経過は同じはずなのに、こんなにも体感が違うのはなぜでしょう?

この記事を読めば理由がわかるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ジャネーの法則

時間

調べてみると、この現象は既に心理学的に説明されていました。

「ジャネーの法則」というらしいです。

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

出典元:ジャネーの法則 – Wikipedia

なるほど!

でも最後の

「50歳の大人の10年」=「5歳の子供の1年」

「50歳の大人の10日」=「5歳の子供の1日」

は、オーバーじゃない?そこまで体感違う?

と思ってしまいましたw

で、本題ですが、無職になると時間の経過がさらに加速する気がします!

小学生の時の1ヶ月半の夏休みと無職になってから今までの1ヶ月半が同じ時間とは到底思えませんもん。

早い、焦る・・・

どうにかならないものか・・・

理由と対策を考えてみる

時間

理由が分かれば対策が分かるかも!

てことで、無職になって時間の経過がさらに加速した理由と対策を考えてみました。

もちろん専門的な知識は何もありませんので悪しからず。

朝起きるのが遅い

単純に朝起きるのが遅くなったせいで、起きている時間が短くなったからかもしれません。

前職の時は6時半くらいに起きてましたが、最近は8時半くらいに起きてます。

寝る時間はそんなに変わってないので、そのまんま2時間短くなってますね。

睡眠時間が増えたのでいいと言えばそれまでですが・・・

もう少し早く起きてもいいかもしれません。

日常に変化がない

日常に変化がないと、時間は早く感じるものです。

子供の頃は何もかもが新鮮で変化に富んだ毎日でしたが、大人になると経験済みの事が増えていきます。

無職になると、日常はさらに緩くて単調になりがちです。

改善するには、何か新しいことをしたり、自ら日常を変化させる必要があります。

一応意識してるつもりなんですけどね。

ちなみに今日も新しいことしましたよ!

何かって?

ちょっと遠くにある行ったことのないスーパーに行きました!

刺激よわ〜w

ストレスが無い

楽しい時間はあっという間に感じるのに、ストレスがある時間(つまらない時間)は長く感じます。

また、ストレスがある時間は早く過ぎて欲しいと思いますが、思えば思うほど長く感じるものです。

無職になるとストレスがある時間は基本無くなります。

うーん、適度にストレスがある時間もあった方がいいのかなぁ?

求職活動しろってことですかね・・・

無駄な時間が多い

世の中誘惑だらけです。

特にネット!

何かを調べるためにネットを開いたのに、気づいたら全く違うサイトを見ている・・・

MVを見たくてYouTubeを開いたのに、気づいたら全く違うお笑い動画を見ている・・・

そんなことばっかりです。

予定外の発見などもたまにはありますが、ほとんどが無駄な時間に終わります。

こういう無駄な時間が多いのが、1日があっという間に感じる最大の理由な気がします。

ネットを開く時は、目的以外は使わないという強い意志が必要ですね。難しいですけど。

あと、最近になってテレビゲームに手を出してしまいました。

ゲームをやったら終わると思っていたので、一切やってなかったのにー!

YouTubeでそのゲームの動画を見て、ちょっとやりたくなってしまったのが運の尽き。

超今さらですが、GTAのオンライン、めちゃくちゃ面白いですw

時間に追われない

会社員の時は常に時間に追われていました。

が、無職になると時間に追われることがなくなります。

そのため、何かをする時に時間をかけ過ぎてしまいます。

時間を見る回数も減るので、もうこんな時間!と驚くことがホントに多い。

何かをする時はある程度時間を決めた方がいいですね。

日照時間が短い

これは無職関係ないですねw

冬になり日照時間が短くなってきたのも時間が早く感じる理由かもしれません。

最後に

こんな感じで理由と対策を考えてみました。

せっかくの無職生活なので、のんびり過ごしたいところですが、締めるとこは締めてダラダラし過ぎない生活を送りたいものです。

社会復帰できなくなりますからね。

では、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする