夜のランニングで不審者に思われたくないので対策を考えてみた

不審者

こんにちは。コウゲツです。

 

先日、久しぶりに夜ランニングしました。

で、夜のランニングでいつも思うこと。

 

前を歩く人を抜く時、不審者に思われたくない!

 

これです。

気にしすぎ?・・・いやいや、そんなこともありません。

たまに不審そうな顔で振り向かれます。トップ画像のように。

 

なので今回は、不審者に思われないための対策を考えてみました。

 

夜道、後ろから足音が近づいてくると怖い

不審者

そりゃあ夜道歩いてて、後ろから足音が近づいてくれば警戒しますよね。

それが走ってくる音だとちょっと怖いです。

男の私でもそうなので、女性だと尚更ですよね。

 

さらに、(;´Д`)ハアハアと荒れた呼吸で近づいてきたらもっと怖いです。

不審者と思われても仕方がありません。

 

夜道は危険なので、警戒しすぎるくらいで丁度いいと思いますけどね。

危険を感じたら、どんどん振り向いて下さい。

 

でも不審者じゃないんです!信じてください!

 

それに怖がらせてしまう申し訳なさもあるので、どうにかならないものか。

 

対策を考えてみた

考える

てことで、自分のためにも相手のためにも対策を考えてみました。

 

朝走る

明るい時間だったら大丈夫そうですよね。

無職なので、朝と言わず昼でも夕方でもいいんですけど。

ただ、走りたくなるのは大体夜・・・

 

広い道を走る

車が走る大通り沿いとかですかね。

夜でも明るいし、人も多いし、車の音で足音とか呼吸音とか消されますし。

ただ、人通りの少ない細めの道の方が走りやすいんですよね・・・

 

ランニング中をアピールしながら走る

「私は不審者じゃありませーん。ランニング中でーす」てね。

 

逆に不審者!

てか、ランニングしながら話す余裕ない!

 

結論

夜のランニングで、人通りの少ない道で前に歩く人がいたら、

 

 

スピード上げて、距離を空けて、息を止めて、颯爽と抜く!

 

 

これしかないですね。

 

他に何か良いアイディアがあればぜひ教えて下さい。

 

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です