コロッセオ観光ではミサンガ詐欺にご用心!ノーマネーは嘘

ミサンガ詐欺

こんにちは。人一倍警戒心が強いコウゲツです。特に海外では尚更です。

そんな私でも、今回イタリア・ローマのコロッセオ観光でミサンガ詐欺に遭いました。

正確にはあいそうになったが正しいかな。最終的にお金は払ってないので。

そこで今回は、これ以上被害者を増やさないためにも、ミサンガ詐欺の手口(私の実体験)をご紹介します。

これからコロッセオ観光にいかれる方はぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ミサンガ詐欺の全容

コロッセオのチケット売り場に向かう途中、

一人の男性が「長友~、東京~、大阪~」と日本語で話しかけてきました。

他にもいろいろ日本語を話していたと思いますが、覚えていません。

長友~長友~と連呼していたのが印象的です。

基本、海外で馴れ馴れしく話しかけてくる外国人は怪しいので警戒します。

本当に日本が好きなだけの人もいるので一概には言えませんが、とりあえずは警戒します。

しかし、その男性は矢継ぎ早に日本語を話した後、チケット売り場はあっちだよと教えてくれその場を立ち去りました。

なんだったんだ?

で、ちょっとしたらまた現れチケット売り場の場所はあっちだよーと。

まだ、いたんかい

でも、それ以上は何もしてこないのでもしかしたら暇な優しい人なのかな?とも少し思ってしまいました。

それが奴らの手口。一気に距離を詰めず、徐々に警戒心を解く作戦です。

で、一瞬油断したところを狙い、ミサンガ登場。

まずは妻がターゲットです。

小指出してって言われたのかな?あまり覚えてませんが、ミサンガを腕につけられそうな雰囲気になりました。

私も妻もミサンガ詐欺のことは知っていましたし、妻は過去にミサンガ詐欺にあったことがあります。

なので、ここで再び警戒

拒否するもノーマネーノーマネーと食い下がります。

ノーマネーは完全に嘘

私はノーマネーと言われても信用してなかったし。ノーマネーだったとしてもミサンガはいらないので拒否し続けてました。

が、徐々に距離をつける作戦&ノーマネーで妻の警戒心がゼロに

ノーマネーだったらいいじゃん!と小指を出し一瞬で巻かれてしまいました。

ミサンガ詐欺にあっことあるんじゃないんかい!と心の中でツッコミましたが、

と思いましたが、私もノーマネーという言葉に少し警戒心が弱くなっていたのも事実です。

友情の証とか言いながらミサンガを巻いていましたが、それが早いのなんのって。

出来合いのミサンガを巻くわけじゃなく、髪の毛を三つ編みにするような感じで、イタリアカラー?の糸を使いその場で巻かれます。

こちらの小指にひっかけ、ミサンガを編み、腕に巻かれます。

そして今度は私の番。

正直まだ警戒していたし、ミサンガいらなかったので、拒否して行こうとしましたが、友情の証、ノーマネーと食い下がります。

もうめんどくさかったので、ノーマネー!?としつこく確認し、ノーマネーノーマネーと答えたのでとりあえず巻かれることに。

で、巻き始めた時男がちょっと待ってと電話。一言挨拶して電話を切ります。

もしかしたらこの電話が仲間への合図だったのかも。ただ、電話は向こうからかかってきたような感じでした。

するとぞろぞろと仲間らしき男二人が近寄ってきました。なんかヤバイ雰囲気です。

男一人が妻の方、男二人が私の方に来て、流れるように引き離され、案の定12ユーロとお金を請求してきました。

やられたー

私の方に来た男一人は190cmくらいありガタイもよく威圧感がありました。言葉と雰囲気も威圧的で、正直怖かったです。

ノーマネーと言ったと主張してもそんなの無視です。

日曜だったのでめちゃくちゃ混んでいましたが、なぜか周りには人少なかったので、そういう場所にうまく誘導されていたのかもしれません。

男3人がかり、うち一人はデカイ

恐怖心はもちろんありましたが、ノーマネーという嘘に怒りも覚えていたので全く払う気はありませんでした。

たいていの人がここで払ってしまうと思います。

そんな中、妻がうまくこちらに来れ、その隙に二人でその場を離れることに成功。

追ってくることもなくなんとか逃げられました。

良かったー怖かったー

速攻ミサンガを外しました。

めちゃくちゃ固結びだったので、お金を請求した時に、外して返されるのを防ぐためだと思います

コロッセオの周りを一周していると、長友~長友~の声、また別の男です。

至るとこにいるんですね。

一度騙されているので強めの拒否でさっさと行きます。

でもしつこい!どこまでもついて来ます。

友情の証~ノーマネーと言ってどこまでもついて来ます。

もう無視して早歩きで逃げました。少しも隙を見せないことですね。

アフリカ系のミサンガ持って売ってる人がいましたが、たぶんその人たちとは別です。もしかしたら高額なのかもしれませんが

詐欺ってきたやつは手ぶらでしたからね。

以上、ミサンガ詐欺の全容でした!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする