【新婚旅行記】ヨーロッパ周遊地中海クルーズ④日目:ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

こんにちは。新婚旅行ロス真っ只中のコウゲツです。

先月、新婚旅行に行ってきました!

ヨーロッパ最大級の客船「MSCメラビリア」で航く地中海クルーズ10日間です。

それはそれは夢のようなひと時で、本当に夢だったんじゃないかと疑うほどあっという間でした。

そんな楽しかった日々を忘れたくない!ということで、記録として残しておこうと思います。

これから新婚旅行やヨーロッパ旅行、クルーズ旅行等に行かれる方はぜひ参考にしてみて下さい。

写真多めでお送りするので、旅行気分を味わってもらえたら幸いです。

1日目:日本出国

2日目:バルセロナ(スペイン)

3日目:マルセイユ(フランス)

★4日目:ジェノバ(イタリア)

5日目:チベタベッキア→ローマ(イタリア)

6日目:パレルモ(イタリア)

7日目:バレッタ(マルタ)

8日目:終日クルーズ

9日目:バルセロナ(スペイン)

10日目:日本帰国

今回は4日目のイタリア・ジェノバです!

ジェノバといったらジャノベーゼ!楽しみ〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

5:00 起床

5時頃起床。今日は早いです。

というのも日の出を見たいから!

ちゃちゃっと準備して甲板に向かいます。

風が強くて結構寒い!

新婚旅行4日目

甲板にはランニングコースがあるので、朝早くからランニングしている人も。

新婚旅行4日目

だんだんと明るくなってきました。

新婚旅行4日目

太陽の頭がひょっこり。

新婚旅行4日目

ご来光です!感動的な美しさ。

新婚旅行4日目

日の出を見にきてる人はあまりいませんでした。

おかげでゆったり見れましたよ。

そのまま朝食へ向かいます。

本日はビュッフェでの朝食にしました。

ビュッフェでちゃんとした食事をするのは初めてだったので、どんなものか期待です。

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

チーズとハムだけでこの種類の多さ!

ビュッフェは広くて席も多いし、料理の種類も豊富なのでテンション上がります。もう毎食ビュッフェでいいんじゃないかなぁ、、、

新婚旅行4日目

チーズとハムの種類の多さに感動し、食べ比べ。

どのハムも美味しい!チーズはそんなに量は食べられないな。

新婚旅行4日目

窓側席で食べる朝食はとても気持ちがいいですね。

朝食を食べ終え、部屋に戻ると港が近づいていました。

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

ジェノバの入港はとても景色がいい。

ジェノバでは半日ツアーがあったのですが、個人行動をしたかったのでキャンセルを伝えるため&質問のために添乗員デスクへ向かいます。

本日の添乗員デスクは9:00〜9:30でスカイラウンジでした。

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

スカイラウンジからの景色も素晴らしいです。

9:30 下船

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

クルーズターミナルの建物がきれいだったので思わずパシャり。

とりあえず観光客が向かう方について行きます。

ジェノバはあまり治安が良くないと聞いていたからか、朝で人通りが少ないからか、若干危ない雰囲気を感じました。

ここまで大掛かりだと、落書きなのかアートなのかよく分かりません。

ただ、おしゃれな感じはします。

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

前はこんな感じ。

少し歩くと海沿いになり明るい雰囲気になりました。露天がたくさん並んでいます。

こちらは映画の撮影で使われたという海賊船。

新婚旅行4日目

新婚旅行4日目

さらに海沿いを歩くと、ヨーロッパで2番目に大きい水族館があります。

新婚旅行4日目

その隣には謎の建築物。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

なんか上がったり下がったりしていたので、展望台のようなものなんでしょうか。

今日も天気が良くて気持ちがいい!自分で言うものなんですが、私晴れ男なんです。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

遠くにメラビリアが見えます。相変わらずデカい!

その先には公園がありました。

ジェノバ(イタリア)

ドカンに描かれたゴッホがいい感じ。

海沿いの散策は終えて、街中へ向かいます。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

サン・ロレンツォ大聖堂が見えてきました。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

黒と白の色合いが印象的な教会です。

その隣にはドゥカーレ宮殿。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

教養がないのでなんなのかはよく分かりません。

さらに隣にはルーベンスの作品がある小さなジェズ教会があります。

ジェノバ(イタリア)

妻がルーベンスの絵を見たいとのことで中に入ってみることに。入場料は特になし。

ただ、中でミサ(?)をやっており、そそくさと退散。どれがルーベンスの絵か分からなかったなー

そして、ジェノバの中心地フェッラーリ広場です。

ジェノバ(イタリア)

噴水が止まっていたのは残念でしたが、周りの建物が素敵できれいな広場です。

ジェノバ(イタリア)

SUSHI!?

カルロ・フェリーチェ劇場前で少し休憩。

ジェノバ(イタリア)

時差ボケによる睡眠不足なのか、ちょっと疲れが、、、

世界遺産のガリバルディ通りへ。

ジェノバ(イタリア)

高貴な雰囲気の通りです。

ジェノバ(イタリア)

妻が写真を撮っていたので私も便乗。

ジェノバ(イタリア)

観光客がたくさんいたので入ってみたトゥルシ宮でトイレを拝借。

ジェノバ(イタリア)

こちらが有名な白の宮殿。

と思って撮ったけど、後から調べたら違ったっぽい、、、

ジェノバ(イタリア)

こちらは有名は赤の宮殿で合ってるでしょう。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

二人揃って寝違えたのかな?

展望スポットのカステレットへ向かいます。

エレベーターですぐに上まで行けるとのこと。

ジェノバ(イタリア)

こちらエレベータの入り口です。

長い通路を奥まで進みます。

エレベーターは有料で、入り口とエレベーター前に券売機があるのですが、種類がいくつかあってどれを買えばいいか分かりません。

観光客らしき欧米人も買おうとしたがよく分からなかったよう、、、試しに同じものを買ってみました。

一番高いやつを買ったので、間違っていても大丈夫でしょう。

ジェノバ(イタリア)

1.6ユーロです。

チケットを回収する人も特にいなかったので、あっていたのかは分からず。

眺め良し!

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

木陰のイスで少し休憩。風が気持ちいい。

下りは歩くことに。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

トカゲ(?)がやたらいました。

気づいている方もいるかもしれませんが、ジェノバは緑だらけです。

ジェノバ(イタリア)

信号も緑。

ジェノバ(イタリア)

ゴミ箱も緑。

ジェノバ(イタリア)

ドアもほとんどが緑。

さすがはジェノベーゼ発祥の地です。

イタリアといったらジェラートということで、美味しいと有名なプロフーモへ。

オープン前だったので、少し周辺をウロウロし再びやってきました。

オープン直後だったからかお店はガラガラ。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

サイズは3種類あり、真ん中のサイズを選びましたが量が多い。

どんどん溶けていくので、味わう暇もなく急いで食べました。

再びフェッラーリ広場へ。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバのオブジェで記念撮影。

ジェノバ(イタリア)

ギターを弾くおじ様がいい感じ。

私の好きな曲をやっていたのでラッキーでした。お礼にチップ。

イタリア最古のチョコレート屋さんとして紹介されていた「ロメオ・ヴィガノッティ(Romeo Viganotti)」へ。

ジェノバ(イタリア)

ジェノバ(イタリア)

店内にはほんの少し席があり、美味しそうなケーキとエスプレッソをいただきます。

甘いケーキと苦いエスプレッソがマッチ。

こちらでトイレをお借りしたのですが、流すボタンが分からず、それらしき紐を引っ張ってみました。

すると店内に鳴り響く警報音。間違っていたようです。

でも、お店の優しい女性店員さんが「大丈夫」と言ってくれて一安心。焦ったー

日本に行ったことがあるという男性スタッフも話しかけてくれていい雰囲気のお店でした。

ただ、こちらはカフェだったようで、、、

ジェノバ(イタリア)

チョコレート屋さんは隣にありましたとさ。

そして、いよいよジェノベーゼを食します。

お店はこちら。ジェノベーゼ発祥のレストラン「Zeffirino(ゼッフィリーノ)」です。妻が調べてくれました。

蘇るはマルセイユのブイヤベースの記憶。値段が怖くて躊躇します。でもパスタだから大丈夫でしょう!

ジェノバ(イタリア)

私と妻で一つずつメニューを渡されたのですが、私と妻のメニューが違っていました。

何が違っていたかというと、私のメニューは値段ありで、妻のメニューは値段なし。

さすが紳士の国ですね。

やはりメニューの言葉はよく分かりませんでしたが、とりあえずジェノベーゼを頼みます。

ジェノバ(イタリア)

前菜。

両サイドは芋で、真ん中はサーモンかな?美味。

ジェノバ(イタリア)

ジェノベーゼの登場です。

左上の石の容器でパフォーマンス的に混ぜ合わせてから、お皿に取り分け提供されました。

ジェノバ(イタリア)

濃厚でめちゃくちゃ美味い!今まで食べたことのない美味さです!

ただ、大容量のジェラートやケーキを食べた直後でお腹いっぱい。

それに寝不足と観光の疲れで体調も優れませんでした。正直ちょっと吐きそうなくらい、、、

途中トイレ休憩でお腹を整えつつ、二人揃って悪戦苦闘。

せっかくの美味しいジェノベーゼがもったいなかったです。

白ワインもキツかった、、、

ジェノバ(イタリア)

店内は落ち着いた雰囲気。

なんとか食べ終え、お店の人にタクシーを呼んでもらいました。

今回の旅行で初めてのタクシーです。悪徳タクシーの不安はありましたが、レストランに呼んでもらったタクシーなら大丈夫でしょう。

小さな漁村「ボッカダッセ」へ向かいます。

タクシーはノーぼったくりでした。

ジェノバ(イタリア)

建物がカラフルで美しい。

ジェノバ(イタリア)

石の上で皆思い思いに過ごしています。

ジェノバ(イタリア)

海もきれい。

ジェノバ(イタリア)

結構混んでますねー。日差しがちょっと強めです。

一通り散策し、帰ることに。

トイレに行きたくなりましたが、簡単にトイレに行けないのがヨーロッパの辛いところ。

基本的には飲食店で何かを注文しトイレを借りるらしいです。

ただ、周りに手軽な飲食店が見当たらず必死に我慢して帰ることにしました。

途中、運よくタクシー乗り場を見つけ、タクシーで船まで帰ることに成功。

イタリアでお漏らしせずに済みました。

今夜はシルク・ド・ソレイユです。

ジェノバ(イタリア)

正直あまり期待していなかったのですが、さすがシルク・ド・ソレイユといった感じの素晴らしいショーでした。

いやぁもう一回観たい!

その後はビュッフェで夕食。

ジェノバ(イタリア)

日本から持ってきた洗剤で洗濯して就寝。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする