【新婚旅行記】ヨーロッパ周遊地中海クルーズ③日目:マルセイユ(フランス)

マルセイユ(フランス)

こんにちは。新婚旅行ロス真っ只中のコウゲツです。

先月、新婚旅行に行ってきました!

ヨーロッパ最大級の客船「MSCメラビリア」で航く地中海クルーズ10日間です。

それはそれは夢のようなひと時で、本当に夢だったんじゃないかと疑うほどあっという間でした。

そんな楽しかった日々を忘れたくない!ということで、記録として残しておこうと思います。

これから新婚旅行やヨーロッパ旅行、クルーズ旅行等に行かれる方はぜひ参考にしてみて下さい。

写真多めでお送りするので、旅行気分を味わってもらえたら幸いです。

1日目:日本出国

2日目:バルセロナ(スペイン)

★3日目:マルセイユ(フランス)

4日目:ジェノバ(イタリア)

5日目:チベタベッキア→ローマ(イタリア)

6日目:パレルモ(イタリア)

7日目:バレッタ(マルタ)

8日目:終日クルーズ

9日目:バルセロナ(スペイン)

10日目:日本帰国

今回は3日目のフランス・マルセイユです!

やっと観光ができる!楽しみ〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

6:00 起床

6時頃起床。と言っても、全然寝られず睡眠不足です。

これが時差ボケか、、、

時差ボケするような国には行ったことがなかったので初めての時差ボケ。結構辛い。

新婚旅行3日目

ただ、朝のバルコニーからの景色はそんな時差ボケの辛さを吹き飛ばしてくれるくらい素晴らしいです。

準備して急いで朝食へ向かいます。

今日の朝食はビュッフェではなくレストランにしました。

昨日の汚名返上なるか!

7:30 船内レストランで朝食

レストランは結構空いてました。早く来た甲斐があります。

席は自由席ではなくスタッフに案内されるのですが、窓際の席を案内してくれました。

窓際の席は景色が良く、それだけでテンションが上がります。

新婚旅行3日目

メニューはこんな感じ。

スタッフの対応も余裕があって昨日とは大違いです。

新婚旅行3日目

オムレツ。中身はいろいろと選べ、私はハムとチーズを選択。

中は半熟で普通に美味しいです。

新婚旅行3日目

魚が食べたくて目にとまったグリルニシン。好みが分かれるお味。

新婚旅行3日目

フレンチトースト。めちゃくちゃ甘い。とにかく甘い。びっくりするほど甘い。

他にもフルーツヨーグルトやちょくちょく運ばれてくるパンを食べました。

全体的に美味しかったけど特にクロワッサンとバターが美味しかった。

席も接客も料理も、昨日のディナーより全然良くてテンションが上がります。

やればできるじゃん!何様ー

8:30 マルセイユ入港

朝食を終え、今晩のショーの予約をしました。

ショーは1日3回、毎日違うショーが行われます。ショーの代金はクルーズ代に含まれているので無料で見放題!すごいです。

残念ながらシルク・ド・ソレイユのショーだけは有料になります。

ですが!今回のツアーでは海側バルコニー付以上の部屋を利用の場合、特典として1回ご招待とのこと。楽しみー

ショー等の予約は、いたるところにあるディスプレイで簡単にできます。ここでもクルーズカードが必要。

その後、ツアーデスクでマルセイユ市内までのシャトルバスのチケットをもらい、明日の日の出観賞のためにサンデッキを下見。

新婚旅行3日目

遠くにマルセイユの文字が見えます。

マルセイユはフランス最大の港町であり、最古の街でもあります。人口はパリに次ぎフランス第二位です。

新婚旅行3日目

入港。

早々に船を降り、シャトルバスでマルセイユ市内へ向かいます。

ツアーではないので周りは外国人だらけ。不安もあるけどワクワクします。

約25分でマルセイユ市内到着。

降りた場所が分からず右往左往しましたが、ドライバーに聞いてなんとか把握できました。

3日目にして初めての観光の始まりです。一気に海外にきた気分になりテンション爆上げ!

やっぱり自由行動がいいですねー。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

マルセイユの観光の中心はコの字型の旧港周辺です。

とりあえず旧港へ向かいます。

新婚旅行3日目

妻が昼食で行こうとしているレストランが近かったので下見。有名なレストランらしい。

旧港周辺をぶらぶら。天気も良くて最高!

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

ヨットだらけやー。

旧港周辺にはたくさんの露店が並んでいました。

新婚旅行3日目

マルセイユといえば、マルセイユ石鹸!

安いのでお土産としても最適です。

妻はお土産にマルセイユ石鹸を購入。6個で10ユーロでした。

引き続き、旧港をぶらぶら。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

アコーディオンを演奏するおじ様がいい感じ。

魚市が開かれてました。

新婚旅行3日目

こんなにヨットが密集してて、出港できるの?、、、素朴な疑問がわいてきます。

ぶらぶらしてると地下へ通ずる魅惑の階段を発見!

地下鉄です。

フランスの地下鉄は危ないとよく聞くけど、どんな感じか気になります。

日中だから大丈夫だろうと、恐る恐る地下鉄へ。

危ない雰囲気は特に感じませんでしたね。夜だとまた違うんでしょうが、、、

ここで自販機があったので水を購入。

操作が分からず初めてのおつかい状態でしたが、試行錯誤して買えた時はなんともいえない達成感があります。海外あるある。

旧港周りは十分散策したので、「ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院」へ向かいます。

新婚旅行3日目

乗り物の乗り場が分からず、グーグルマップを見たらそんなに遠くなかったので徒歩で行くことに。

新婚旅行3日目

建物がきれいでなんでもオシャレに見えますね。ただ、坂がきつい!

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

長い坂を登り終え、振り返ると素晴らしい景色が!写真だと分かりづらいけど。

11:00 ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院

もう少し登ってノートルダム到着です。汗だく

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

さらに景色がいい感じ。

とりあえず階段を登って上へ。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

マルセイユの街を一望。

建物の中に入ります。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

聖堂内はモザイク画がとてもきれいでした(語彙力)

しばし椅子に座って休憩。

再び外へ。

新婚旅行3日目

レストランやミュージアムもあるんですね。

新婚旅行3日目

とにかく天気がいいので映える!

新婚旅行3日目

これに乗りたかったんじゃー!

乗り方が分からず、満席だったので帰りも歩くことに。

てか、後で調べてみたら、このプチトランという乗り物はルートを周っているのでここから(途中から)は乗れないっぽい。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

帰りは下りなのでまだ楽です。のんびりと街並みを見ながら下ります。

ただの洗濯物を干す風景もオシャレに見えるから不思議。

落書きさえもアートに見えるから不思議。

車は汚いのが多かった。

狭い道でも車がガンガン飛ばすんで怖かったです。

でも、そんな飛ばす車でも道を譲ってくれたりしてフランス人の優しさに触れました。笑顔が素敵!惚れる!まぁ観光客だからかもしれませんが。

日本でも観光客には親切に対応しようと思いました。

新婚旅行3日目

旧港に戻って来ました!

12:30 Le Miramarで昼食

マルセイユの名物はブイヤベースということで、昼食はブイヤベースを食べることに。

冒頭で下見した「Le Miramar」へ向かいます。昼食は完全に妻任せ。

いい時間帯でしたが席はまだまだ空いてる感じでした。

店頭のメニューを見てもよく分からなかったので、とりあえず入っちゃいます。

外のテラス席に案内されました。

店員さんは気さくでいい感じ。ただ、何を言っているのかが分からない。英語?フランス語?

メニューをもらい改めて見ましたが、こちらもほとんど分からず。英語なのかフランス語なのかもよく分かりませんでした。

とりあえず値段が高いことだけは分かったよ!注文間違えるとやばい金額になりそうだよ!

妻がブイヤベースは見つけ、なんとか注文。

ドリンクは白ワインを頼みました。銘柄は店員さんに言われるがまま。値段が分からなかったので正直怖いです。めちゃくちゃ高いワインじゃないよね?心配になります。

まぁ、グラスだから大丈夫だとは思いますけど、、、

新婚旅行3日目

前菜?で出てきたのがこちら。

私たちが頼んだのってコース?それとも勝手に注文に入れられた?それかお通しみたいなもん?

頼んだつもりではないものが出てきてテンパります。言葉や文化が分からないって不安。

てか、これってトリュフ?違う?めちゃくちゃ高いやつじゃないよね?

旅行のご飯であまりケチケチしたくはありませんが、妻から高めのお店だと聞かされ、もう値段のことで頭がいっぱいです。

緊張で若干引きつってきました。

会計でショックを受けないように10万円くらいを想定しておくことにします。

とりあえず前菜は美味しかったです。

新婚旅行3日目

途中、ブイヤベースの材料を披露。具沢山。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

ブイヤベースとパンが出てきました。想像していたものとは少し違うけど、ブイヤベースってこんな感じなのか。

あ、写真が赤いのは屋根(テント)のせいです。

一口すする、、、

旨い!気がする。

正直こんなものかーとも思いましたが、濃厚ではありました。

てか意外と量が多い。

スープだけじゃお腹いっぱいにならないと思ってましたが、結構お腹いっぱいになります。お腹タプタプ。

新婚旅行3日目

スープを飲み干すと今度は具材入りが出てきました。

マジかー!もう食べられない!

申し訳ないけど半分くらい食べて残してしまいました。

途中、店内のトイレに行ったんですが、男女分からず。フランス語は全く分かりませんね。

先にいた外国人女性が教えてくれたのでセーフでしたけど。

新婚旅行3日目

最後にデザート。

頼んだのかどうかよく分からないものが出てくると不安になります。

でも美味い!

そして、ドキドキの会計、、、

二人で175ユーロでした!

想定内!良かったー!ビビって損しました。

もちろん高いには高いですよ。一人一万円以上ですからね。普段のランチ何回食べれるんだって話。

でも旅行でそれを言っちゃあお終いよー(会計のことで頭がいっぱいでしたけど)

海外で事前に値段がわからないほど怖いものはないなと思いました。

ちなみに内訳は、

  • ブイヤベース(前菜、パン、デザート込):一人69ユーロ×2
  • 白ワイン:一人14ユーロ×2
  • 水:二人で9ユーロ

でしたー。水高っ!

新婚旅行3日目

なにはともあれ、ごちそうさまでしたー。

13:30 食後休憩&マルセイユ散策

あまりにお腹いっぱいだったので、旧港を見ながらまったり休憩。

ゆっくりした時間最高!

でもすぐ横でなにやら取り締まりが、、、

警察がマウンテンバイクでした。カッコいい!

旧港周辺では電動キックボードのような乗り物に乗っている人をよく見かけました。お金を入れて誰でも乗れるらしい。

その動画を撮ってる時に妻が海にサングラス落としました。おっちょこちょいです。すぐに海に沈み救出不能でした、、、

その後は街をぶらぶら。

新婚旅行3日目

新婚旅行3日目

街中にメリーゴーランド!?

新婚旅行3日目

フランスといえばサッカーですね。

マルセイユは元フランス代表のジダンの出身地です。

新婚旅行3日目

古き良き雑貨店です。店内広い。

新婚旅行3日目

妻がデパートでサングラスを狙いましたが、高くて諦め。

日本のデパートと雰囲気は変わりません。

ちょっと早いけど帰りのシャトルバス乗り場へ。結構並んでました。

15時ちょっと前に出発。

新婚旅行3日目

船に戻ってきました。

改めて船の写真を撮ります。でかい!

あと、欧米人もでかい!今回の旅行で度々感じたことです。

自分も身長は180cmあり、ジムにも通っているので細くはないです。でも欧米人と比べると小さく細く見えてしまいます。欧米人はナチュラルにでかい。もう骨格が違います。

裏路地連れていかれたら勝てないなと思いましたよ。

新婚旅行3日目

ペットボトルの水をゲットすべくビュッフェへ。

バルコニーの部屋の場合、ドリンクが飲み放題なので、ビュッフェやレストランでペットボトルの水をもらうことができます。

ついでにフルーツを食べました。

窓際は相変わらず景色がいいです。

その後、部屋で休憩。

シャワーを浴びている時、妻が叫ぶんで何事かと思いましたが、外からバルコニーを水圧洗浄していたそうです。なんともダイナミック。見たかったー

17:30 船内レストランでディナー

お腹は空いてなかったけど、クルーズ通信&水ゲットのためにディナーへ。

今回からはエリア内なら自由席です。

早く行って円卓ではない四角席を確保。四角席なら対面で座れ、隣とも離れているので気まずい雰囲気にはなりません。

新婚旅行3日目

メニューはこんな感じ。

新婚旅行3日目

ブイヤベースがあったので、試しに味比べ。

こっちの方が美味しかったらどうしよう、、、

ベースの味は一緒だけど、やはりランチで食べた高い方が濃厚でした。

でもこっちの安っぽい方が飲みやすいかも。私のような貧乏舌には合います。

新婚旅行3日目

デザートは季節のアイスクリーム。

悪い意味で味が濃い。

途中、なんかイベント始まりました。

新婚旅行3日目

ナプキン回しとる!湘南乃風か!

唐突ですが、ケツが痛いです。

夕食後、部屋で休憩。

休憩してばっかりだなー。

新婚旅行3日目

やはり景色がいいです。最高。

あまりに眠かったので、19時半のショーまで少し仮眠。

が、起きたのがショー開始直前だったので諦めました。

そんでまた寝落ちして25時前起き。

時差ボケが治ってないのかなぁ、、、

寝てばっかでもったいないと話していたところ、

妻が「船だけに後悔」という親父ギャグを言って3日目は終了。

明日の予定を決めて3時半過ぎ就寝です。

あ、間違った情報等あったら気軽に教えてくだーい。恥ずかしいので、、、

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする