【レビュー】GLEVIO(グレヴィオ)の ビジネスリュックを買った感想

GLEVIOのビジネスリュック

こんにちは。コウゲツです。

 

先日、ビジネスリュックを大絶賛する記事を書きましたが、今回は実際にネットで購入したリュックについてレビューを書いていこうと思います。

ビジネスリュック

ビジネスバッグをリュックにするメリット・デメリット

 

私が購入したリュックは、GLEVIO(グレヴィオ)のビジネスリュックです。

 

早速ですが、私の独断と偏見で、このリュックが向いてる人・向いてない人はこんな感じ。

向いてる人
  • ネームバリューよりも安さと機能性重視。
  • 収納が多い方がいい。
  • 泊まりの出張がある。
  • 普段から荷物が多い。
  • 普段は荷物が少なくても、時には多くなることもある。
向いてない人
  • ネームバリューを気にする。
  • コンパクトでスマートなリュックがいい。
  • 普段から荷物が少なく、多くなることもない。

これを踏まえた上で、気になる方は読み進めてください。

 

※現在、アマゾンでも楽天でも上記商品は売り切れとなっているようです。このまま販売再開されなければこの記事も無意味なものに…(泣)

代わりに、私が購入を迷った2つのビジネスリュックを下に貼っておきます。

正直なところ、本当はこの2つのどっちかが欲しかったんですが、初めてのビジネスリュックだったので、価格を優先してGLEVIO(グレヴィオ)にしました。

今ではだいぶ使い慣れて、結構気に入っています。

 

GLEVIO(グレヴィオ)とは

GLEVIO(グレヴィオ)は日本のブランドらしいですが、公式サイト等は見つからず、詳細はよく分かりませんでした。

私も今回リュックを購入し、初めて知ったブランドです。

 

アマゾンの商品ページによると、GLEVIO(グレヴィオ)のブランドコンセプトは「行き着くところ、機能美」とのこと。

たしかに私が今回購入したリュックも、見た目はめちゃくちゃシンプルだけど、使いやすい工夫がいたるところに施されていました。

 

でも、ネームバリューを気にする方には向かない商品だと思います。

ブランドはどこでもいいから、安くて良いものが欲しい方に向いています。

 

GLEVIO(グレヴィオ)のビジネスリュック

それでは、GLEVIO(グレヴィオ)のビジネスリュックをレビューしていきます!

 

見た目はこんな感じ

↓前

GLEVIOのビジネスリュック

↓横

GLEVIOのビジネスリュック

↓後ろ

GLEVIOのビジネスリュック

箱から取り出して、一番最初の感想は…

 

四角い!シンプル!

 

そんで、ちょっとデカいかな?といった感じ。

 

GLEVIOのビジネスリュック

横にして手提げで持つとこんな感じになります。

 

四角いので、床に置くときに縦でも横でも立つのが地味に便利です。

 

背負うとこんな感じ

GLEVIOのビジネスリュック

亀みたい…

 

やっぱりちょっとデカいか。

家の中だから余計にデカく見えるのかも。

 

外で鏡に映る自分を見ると大してデカくは見えないんですけどね。

 

でも、軽いよ〜

 

ちなみにサイズは、縦46cm×横34cm×幅12.5(拡張時22.5cm)です。

 

ポケットと機能面はこんな感じ

外側のファスナーは全部で6箇所ついていました。でも、全部がポケットというわけではありません。

写真と一緒に説明していきますね。

GLEVIOのビジネスリュック GLEVIOのビジネスリュック GLEVIOのビジネスリュック GLEVIOのビジネスリュック

①〜④が収納(ポケット)、⑤が拡張、⑥が肩掛け収納です。

 

まずは①から。

①は一番外側についているポケットです。

GLEVIOのビジネスリュック

片側だけでなく、親指側も人差し指側も空間が広がっています。なので広いです。

 

②も収納です。

GLEVIOのビジネスリュック

仕切りがたくさんあるので、細かいものを収納するには便利でしょう。

ただ、マジックテープとかでが閉じれるわけではないので、逆さまにするとめちゃくちゃになります。

あくまでリュックとして縦で使用するように仕切りの向きがついているので、横で持つと仕切りの中身が出てしまいます。

 

ポケットが多くていろいろと仕分けられる反面、どこに何を入れたか分からなくてなるデメリットも。私の記憶力が悪いだけかもしれませんが…

 

ちなみに、②にはUSBケーブルがついています。

GLEVIOのビジネスリュック

こちらは外側とつながっており、リュックを背負いながらスマートにスマホ充電ができます。

 

③も収納です。このように全面に開きます。

GLEVIOのビジネスリュック

あとで詳しく書きますが、⑤を拡張すると、この③の収納が広くなります。

 

最近気づいたんですけど、③のファスナーだけ形状が違うんです。

GLEVIOのビジネスリュック

たぶん鍵がかけられるようになっています。貴重品を入れるのには最適ですね。

 

④も収納です。

GLEVIOのビジネスリュック

右側はパソコンが入れられるように、クッションが厚手になっています。

 

⑤は拡張です。

GLEVIOのビジネスリュック

こんなに広がります。

 

③の収納はこんな感じになります。

GLEVIOのビジネスリュック

2泊3日くらいまでの着替えなら入りそうです。出張時に大活躍。

 

⑥はショルダーストラップの収納です。

GLEVIOのビジネスリュック

ショルダーストラップを収納すれば、手提げのビジネスバッグに早変わり。

 

また、真ん中のベルト部分をキャリーケースの持ち手に固定することもできます。

 

 

最後に

以上、GLEVIO(グレヴィオ)のビジネスリュックの紹介でした。

 

冒頭でも書きましたが、このリュックが向いてる人と向いてない人のおさらいです。

向いてる人
  • ネームバリューよりも安さと機能性重視。
  • 収納が多い方がいい。
  • 泊まりの出張がある。
  • 普段から荷物が多い。
  • 普段は荷物が少なくても、時には多くなることもある。
向いてない人
  • ネームバリューを気にする。
  • コンパクトでスマートなリュックがいい。
  • 普段から荷物が少なく、多くなることはない。

私の独断と偏見なので悪しからず。

 

値段が安かったので、初めてのビジネスリュックには良かったと思います。

ビジネスリュック最高!

 

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です