筋トレ中にまさかの酸欠!筋トレ初心者が酸欠対策を考える

酸欠対策

こんにちは。コウゲツです。

前回のジムから5日が経ち、ようやく筋肉痛が消えました。

久しぶりにがっつり筋トレすると、こんなにも長引くものなのか・・・

いやぁ、長かったー。

てことで、2回目のジムに行ってきました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

筋トレ中にまさかの酸欠

頭痛

メニューはこんな感じです。

ジョギング(1km)→ストレッチ→筋トレ→酸欠長時間休憩→筋トレ→ランニング(20分2.92km)→ストレッチ

酸欠!?長時間休憩!?

そうなんです。筋トレを始めてちょっとしてから軽い酸欠になってしまいました。

頭がクラクラし、これ以上無理するとヤバイかもと思い、筋トレは一時中断。

座って休憩することにしましたが、いつまで経っても良くなりません。

座ってるのもしんどかったので、途中から横になって休憩しました。

なにもしないで横になっていると目立つので、ストレッチするふりをしながらw

少し良くなってきたので、もう帰ろうかなとも思いましたが、私は時間がたっぷりある無職です。急ぐ必要はまったくありませんw

がっつり長時間、横になって休憩することにしました。

すると、徐々に体調は回復していき、無事筋トレを再開することができました。

あー無職で良かったー!w

酸欠にならないための対策

深呼吸

今後のためにも、酸欠にならないための対策を調べてみました。

すると、今回の酸欠の理由も分かってきました。

呼吸をしっかりする

はい、おそらく呼吸を止めて筋トレしてました。

重いウエイトだと力んでついつい呼吸を止めてしまうんですよね。

呼吸をしなければ酸欠になるのは当たり前ですよね。ただでさえ筋トレ中は筋肉が酸素を必要として、どんどん酸素が消費されるらしいので尚更です。

そういえば、各マシンに「呼吸はしっかりしましょう!」と書いた紙が貼られてましたっけ・・・

正直軽く見てましたが、呼吸って大事ですね。反省。

力を入れる時に息を吐くのが良いらしいです。

筋トレで酸欠にならないためには、しっかり呼吸をすることが大事なんですね。

インターバル(セット間の休憩)で呼吸を整える

はい、おそらくインターバルで呼吸が整う前に次のセットに入ってました。

なぜか早く次のセットに入りたくなっちゃうんですよね。

インターバルをしっかり取り、呼吸が整ってから次のセットに入ることは酸欠防止にとても有効なようです。

最後に

他にも筋トレで酸欠になってしまう理由はありそうですが、とりあえずは呼吸とインターバルを意識して筋トレしようと思います。

ただ、酸欠になるってことは筋肉を追い込めている証拠でもあるそうです。

あと、慣れも関係してくるとのこと。私はまだ2回目なのでこれからですかね。

あまり無理はせずに頑張っていきたいと思います。

では、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする