退職後、無職の場合|初めての確定申告は無料申告相談で行うのが安心

初めての確定申告

こんにちは。コウゲツです。

2月に入り、いよいよ確定申告の時期がやってきました。

会社員であれば年末調整で会社が処理をしてくれるので、大抵の場合は自分で確定申告をする必要がありません。

しかし、年の途中で退職し無職の場合は自分で確定申告をする必要があります。

「確定申告って難しそう・・・」

初めてだとやり方が分からず不安ですよね。

私はそうでした。確定申告について全く知識がなかったので。

そんな私でも、今回無料申告相談で無事に確定申告を済ませてきましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

こちらの記事は無料申告相談での確定申告レポートとなります。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

確定申告とは?

確定申告

一応ざっくり説明しますね。

確定申告とは、1年間(1月1日から12月31日)の所得にかかる税金を計算し、翌年2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)の間に税務署に申告し納税することです。

今回のような還付を受ける場合(還付申告)は申告期限前の翌年1月1日(税務署の窓口に提出する場合は、1月4日以降の最初の平日)から申告できるそうです。

ただし、税務署での相談は期限内しかできないかもしれません。

こちらについては未確認です。

確定申告する理由は?

国民の三大義務である「納税」のためです。

私のような中途退職者の場合は、払い過ぎた税金が戻ってくる可能性があるので「還付」のためとも言えます。

無料申告相談とは?

相談

税理士による小規模納税者などのための相談会です。

その場で申告書を作成して提出できます。
(土地、建物及び株式などの譲渡所得がある場合を除く)

申告期限前の1月下旬から2月中旬の間で開催される場合が多く見受けられます。

ただし、地域によって開催の有無や開催期間等が異なるため、事前に確認して下さい。

私の場合「◯◯(管轄税務署名)   確定申告」で検索して、無料申告相談の開催を知りました。

で、確定申告のやり方はよく分からずの状態でしたが、行けばなんとかなると思いとりあえず行ってみました。

確定申告に必要な書類

人によって必要書類が異なるため、私の場合でもいいですか?

参考までにね。

  • 源泉徴収票(会社からもらう)
  • 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(送られてくる)
  • 生命保険料控除証明書(送られてくる)
  • 還付金の振込先口座(申告した本人名義に限る)
  • 印鑑
私の場合、国民健康保険料は12月分(12月末)から口座振替開始だったのですが、12月末は年末の関係で1月頭に口座振替となり、今回の確定申告では控除対象外となりました。あくまで支払日ベース(1月頭)のため、次回の確定申告の控除対象になるそうです。

詳しい必要書類は国税庁のホームページに載っています。
→「【申告書の提出】|確定申告期に多いお問い合わせQ&A|国税庁

無料申告相談での確定申告レポート

確定申告

いよいよレポートです。

私が行った無料申告相談での確定申告はざっくりこんな感じでした。

①税理士さんと確認しながら必要書類をまとめる

開催場所を調べ、会場へGO!

会場に着くとご年配の方しかいらっしゃらず、私のような30代くらいの人は全く見当たりませんでした。

場違い感!

もしかしたら自分は無料申告相談の対象ではないのかもしれない・・・と一抹の不安を感じる中、少し待って私の番になりました。

税理士さんとマンツーマンです。

「初めての確定申告」ということと「昨年退職してまだ就職していないので確定申告(還付申告)をしたい」ことを伝えると、無事対象者でした!

良かったー

で、諸々必要書類を渡します。

源泉徴収票や控除証明書は基本的に原本を提出するため、控えを手元において置きたい方は事前のコピーをオススメします。

税理士さんと一緒に必要書類を確認しながら、提出用紙に必要書類を貼ってまとめていきます。

以上!あっさり終了!

②スタッフさんがパソコンで申告書を作成

次に、先ほどまとめた書類一式を持って、パソコンのある別部屋へ。

こちらもスタッフさんとマンツーマンです。

書類一式を渡すと、スタッフさんがパソコンで申告書を作成し提出してくれました。

私は見ていただけです。

e-Taxだったのかな?書類提出してるから違う?・・・よく分からず・・・

e-Taxとは、
インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。自宅でもできます。

見ていただけでしたが、スタッフさんの入力間違いを何箇所か発見し指摘しました。

人間、誰でもミスはありますからねー。自分の確認も大切です。

この時パスワード(すべて半角で8けた以上50けた以内の任意の文字で、その中には、英小文字・数字のそれぞれを必ず1文字以上)の登録が必要でした。事前に考えておきましょう。
入力の際は、●●●のような伏字(?)ではなく普通に印字されてしまうため、盗み見される心配があります。他で使用していないパスワードの方がいいかもしれません。

以上!控えをもらって終了!

全部で1時間半〜2時間くらいかかったかな。

待ち時間やスタッフさんの入力ミス等なければ、1時間以内で終わるような内容でした。

最後に

初めての確定申告に若干ビビってましたが、蓋を開けてみれば別に難しいことではありませんでした。

ほとんど税理士さんとスタッフさんがやってくれましたからね。

結果、約3万5千円の還付金が発生!

早ければ今月中に入金されるとのことです。助かるー!

【追記】(2018.3.4)
2/5に無料申告相談で確定申告をし、3/2に約3万5千円の還付金が入金されました。
約1ヶ月後でしたね。

私のように退職して無職になり、今回が初めての確定申告で不安な場合は、無料申告相談に行ってみて下さい。

もし、無料申告相談の開催がない地域でも、税務署に行けば同じように相談しながら提出できるはずです。実体験がないので不確かですけど。

e-Tax等で自宅でも確定申告はできますが、初めての場合は少し面倒でも無料申告相談や税務署に直接行って確定申告をする方が安心できると思います。

では、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする