100均グッズで寒さ対策!冬の寒い部屋をなんとかしたい!

100均一グッズで寒さ対策

こんな暖炉が家にあったら最高ですなー。

無職なんで夢のまた夢ですが。

こんにちは。コウゲツです。

寒さが身にしみる今日この頃。皆さんの部屋は暖かいですか?

私の部屋はですね・・・

めちゃくちゃ寒いです!!!

エアコンの暖房をつけても中々暖かくなりません。角部屋だからかな?

朝、布団から出るのがホントに辛い!

暖房代もバカにならないし、何か対策をせねば!

てことで、100均グッズで部屋の寒さ対策をしてみました。

私と同じく部屋が寒い方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

寒さの原因は窓が一番

冬、外に熱が逃げるのは、窓などの開口部がなんと48%も!

約半分じゃないですか!

(ちなみに夏は、71%も開口部から熱が入ってくるんですね。勉強になります!)

てことは、とりあえず窓を対策すれば効果がありそうですね。

ふむふむ、調べてみると100均グッズで対策できそうです。

そうと分かれば、100均へGO!

100均で寒さ対策グッズを購入

どーーーん!

100均寒さ対策グッズ

全て100円ショップダイソーで購入しました!

全部で税込み972円!これで暖かくなるなら安いものです!

一つ一つ説明しますね。

冷気をシャットシート

まずはこれ!

冷気をシャットシート

断熱性のある窓ガラス用シートで、貼るだけで窓からの冷気を防ぐことができる優れもの!

結露も防止できます。

商品パッケージには「簡単に水だけで貼れる!」という注目のワードが!

そうなんです!粘着剤を一切使用せず、水だけで貼り付けることができるんです!

賃貸にはありがたい!テープなどで貼ると、剥がす時汚れちゃいますからね。

ただ、水だけだと粘着力が不安です。すぐに剥がれちゃうんじゃないかって。

貼ってみた感じだと、粘着力はまあまあ強そうです!

時間が経つとどうなるかはまだ分かりませんが・・・

【追記】(2018.1.26)
1ヶ月以上経ちましたが、全く剥がれていません。素晴らしい粘着力!

あと、一つ失敗が・・・

窓のサイズを測っていなかったため、いくつ買えばいいのか分からず適当な数を買ってしまいました。

案の定、丸々一つ余るという結果に。

当たり前かもですが、買いに行く前にちゃんと窓のサイズを測った方が賢明です。

(寒くて買いに行くのも嫌だって方は、ネットだと↓こちらの商品が似ているかも)

梱包用エアーマット

次はこれだ!

梱包用エアーマット

主に梱包とかで使うプチプチしたやつです!

子供の頃プチプチ潰すの好きだったなー。

これも窓ガラスに貼れば、断熱材になるそうですよ。

商品パッケージにも「壁や窓の断熱材にも」としっかり書いてあります。

貼るときは、凹凸(プチプチ)のある面を窓ガラスに向けて貼りましょう。その方が空気の層ができるので効果的とのこと。

私は、外の光が欲しい窓にはこちらの「梱包用エアーマット」を貼りました。

透明なので、1つ目の「冷気をシャットシート」よりも外の光が入ってきやすいからです。

すきまテープ

さらにこれだ!

すきまテープ

引き戸や窓のすきま風を防ぐものなんですが、正直貼る場所が分かりませんでした!w

ネットで調べてみてもよく分からず・・・

とりあえず、窓のサッシの隙間に適当に押し込んじゃいました。

(寒くて買いに行くのも嫌だって方は、ネットだと↓こちらの商品が似ているかも)

ジョイントマット

最後はこれだ!

ジョイントマット

床に敷くマットです。

2ピースで一つなので、上の写真は全部で4ピースになります。

床の寒さ対策で購入しました。

所詮、床から逃げる熱は10%ですけどね。

ただ、冬のフローリングはホントに冷たい!

末端冷え性気味なので、すぐに足が冷えてしまいます。

本当はフローリング全部に敷き詰めた方が効果は高いんでしょうけど、お金がかかってしまうので、台所だけ敷くことにしました。

するとどうでしょう!

料理をする時効果絶大です!マットがあるとないとじゃ全然違います!

マット、暖か〜〜〜い

(寒くて買いに行くのも嫌だって方は、ネットだと↓こちらの商品が似ているかも)

最後に

100均グッズで寒さ対策をしてみて、以前よりも部屋が暖かくなった・・・気がします!w

残念ながら、劇的な変化はありませんでした。

マシになったとは思いますが、気の持ちようと言われればそんな気もします。

とりあえず、すぐに効果が実感できたのはマットくらいかな。

でもまぁ、DIYっぽくて楽しかったからいいやw

では、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする