ビジネスバッグをリュックにするメリット・デメリット

ビジネスリュック

こんにちは。コウゲツです。

 

ビジネスバッグをリュックにする人、増えてますよね。

通勤時、周りを見渡せばリュック!リュック!リュック!

一昔前では好奇の目で見られていたような“スーツ姿にリュック”も、今では当たり前の光景になってきました。

それも年齢関係ないんですよね。若い人から年配の方まで幅広い世代に支持されている印象です。

 

そんな私もリュックに憧れる一人でした。

 

「ビジネスバッグをリュックに変えたいなぁ。でも今の手提げバッグまだ使えるしなぁ」

そんなことを思うようになり早数ヶ月、、、

 

先月、ついに手提げバッグが壊れました。

そして、すぐさまネットで物色し、良さそうなリュックがあったので購入!

 

現在購入から1ヶ月くらいが経ち、すっかりリュックにも慣れました。

 

てことで、今回はビジネスバッグをリュックにしてみて感じたメリットとデメリットを書いていこうと思います。

 

ビジネスバッグをリュックにしようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

(※基本的には、ブリーフケース(よくある手提げのビジネスバッグ)との比較になります)

 

ビジネスバッグをリュックにするメリット

リュックのメリット

まずはメリットから。

先に言っちゃうと、ビジネスバッグをリュックに変えたらメリット99:1デメリットくらいな感じでした。

 

両手が空く

最強最大のメリットです!

先ほどのメリット99のうち、90くらいがこれと言っても過言ではない!

 

もうねー、両手が空くと解放感がヤバイです。

初めてリュックで通勤した日はホント感動しました。思わずスキップしたくなるくらいに軽快でしたよ。

片手が塞がれてるのってストレスだったんだなぁと実感しました。

 

両手が空くことによって得られる恩恵はたくさんあります。

パッと思いついただけでもこんな感じ↓

  • 解放感がある(何かを持つのは地味にストレスを感じる)
  • 転んでも危なくない(両手が自由なので咄嗟に対応しやすい)
  • 狭い道で人とすれ違う時、荷物を避ける必要がない(体だけ避ければ大丈夫)
  • 仕事帰りの買い物が楽(片方の手でバッグ、もう片方の手で買い物カゴとならないので買い物がスムーズ)
  • 両手で荷物を持てる(多めの買い物でも問題なし)
  • ポケットの物が取り出しやすい(電車に乗るときのICカードなどスムーズに出せる)
  • 雨の日に力を発揮(傘がさしやす)
  • 少し混雑した電車内など、バッグを手に持たず前にかけられるので楽(邪魔になりそうな時は手で持つべし)
1つ1つは大したことないかもしれません。でも、これらの出来事って1日に何度も遭遇しますよね?

積み重ねると結構なストレス軽減になりますよ。

 

両手が空くって最高です!

 

荷物が軽く感じる

同じ荷物でも手提げバッグよりリュックの方が軽く感じます。

片手より両肩の方が重さが分散されるし安定しますからね。

手提げバッグだったらしんどいような重い荷物でも、リュックだったらいくらかマシになります。

 

カジュアルになる

ビジネスバッグをリュックにした途端、見た目が一気にカジュアルになります。

そして、気分もカジュアルになります。

堅苦しいスーツが嫌いな私にとっては、カジュアル化はとても嬉しいメリットです。

 

ビジネスバッグをリュックにするデメリット

リュックのデメリット

次にデメリットです。

正直大したデメリットはありませんでした。

 

両手が空く

大絶賛だった「両手が空く」というメリットも、その人次第ではデメリットになるかもしれません。

 

例えば、歩きスマホ!

両手が空くとスマホがいじりやすいのでついつい歩きスマホをしてしまいがちです。

両手が空くと歩きスマホのハードルが下がる下がる。

手提げバッグでも歩きスマホをしてしまう方は、リュックだとさらにしてしまうかもしれません。要注意です。

そもそも歩きスマホは自分が危険なだけでなく、周りにも大変迷惑なのでやめましょう。

 

さらに、せっかく空いた両手をついついポケットに入れてしまいます。特に寒い日なんかは。

もし両手ポッケで転んだら、、、

メリットであげた「転んでも危なくない(両手が自由なので咄嗟に対応しやすい)」が完全に逆効果になってしまいます。

 

と言っても、私が思いつく限り、両手が空くデメリットはこんなもんです。これだったら自分の意識次第で防げますよね。

正直メリットの方が全然多いと思います。

 

肩が凝る(気がする)

手で持たなくなって腕の負担は減ったん分、両肩に負担がかかります。

特に最初の頃は肩や背中に圧迫感を感じました。なんかちょっと息苦しい感じ。1週間もすれば慣れて感じなくなりますけどね。

 

でもそれが原因なのか、最近肩が凝ってる気がします。

私のリュックは手提げバッグにもなるので、改善しないようであれば最悪手で持ちます。(リュックの意味…)

 

カジュアルになる

私にとってはメリットでしたが、人によってはデメリットになるかもしれません。

例えば、会社や上司、客先が昔ながらの人で、カジュアルだと印象が悪くなる場合です。

 

今の時代、ビジネスバッグがリュックだからってワーワー言ってくる会社や人も少ないとは思いますけどね。ビジネスリュックが年配の方にも多いのがいい証拠です。

でも、世の中いろんな会社、いろんな人がいるので相手がどう思うかまでは分かりません。無難にいきたいのであればやっぱり手提げバッグだと思います。

 

リュックをおろすのが面倒

両手が空くことで解消される面倒もありますが、リュックにしたことにより発生する面倒もあります。

それは、「リュックをおろす」ことです。

 

例えば、バッグの中身を取り出す時。

家を出るときに鍵を出したり、買い物のときに財布を出したり。最近は、スマホやICカードで支払いができちゃうんで、財布を出すことも少なくなりましたけどね。

 

あとは、電車やバスに乗る時なども、リュックをおろします。

 

1日の中でそんなにリュックをおろすタイミングはないかもしれませんが、地味に面倒です。

ま、それでも両手が空くメリットには到底敵いませんけど。

 

最後に

以上、ビジネスバッグをリュックにしてみて感じたメリットとデメリットでした。

ほとんどがメリットの紹介になってしまいましたけどね。

 

まぁ、私から言えることは、、、

 

ビジネスリュック最高!

 

もうよっぽどのことがない限り、リュック以外のビジネスバッグには戻れないでしょう。

 

少しでもリュックに興味がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。めちゃくちゃ安いリュックもあるので、最初はそれでもいいと思います。

 

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です